永代供養はどこにお願いする

###Site Name###

最近は家族の核家族化が進み故郷を出て就職した子供たちが、都会で家庭を持ちそのまま住み着いてしまうことが多くなりました。

故郷には高齢の両親が残されて、都会に引き取ろうにも住み慣れた故郷を離れがたくそのまま生涯を閉じる人が多いです。故郷には先祖代々のお墓があるのでお骨はそこに納められますが、都会にいる子供たちは遠方のためにお墓の管理が難しくなってきます。

またお墓参りに行きたくても遠方のために、なかなか思うように行かず申し訳ない思いをしている人多いことでしょう。

All Aboutの情報サイトを利用して良かった。

管理だけなら民間の管理会社にお願いすると、お墓の草取りや掃除それにお線香を上げたりはしてくれますが寂しいものがあります。



そこで檀家であるお寺に永代供養をお願いしたらどうでしょうか。

最近はお寺内に納骨堂を設けて、お亡くなりになった方の命日や年忌ごとにお経を上げてくれるのです。

お寺に相談するとどの様にすれば良いか、また納骨堂の費用や永代供養の費用などを詳しく教えてくれます。


お墓ではなく檀家であるお寺の納骨堂にお骨を納める事で、お墓の周辺の人に迷惑をかけることが無いので安心できます。

いつも気になっていた年忌にもお寺でしっかりお経を上げて供養をしてくれるので、少しは心のつかえが下りる思いでしょう。
また永代供養の料金を払っているので時間の取れるときには遠慮する事無く家族で納骨度を訪れて、両親や先祖のお参りも出来ます。



何よりも綺麗な場所でお坊様に管理して頂ける事は、永代供養料を払ってもお願いすべきでしょう。