永代供養墓の改葬方法

###Site Name###

ご先祖様や自分の両親のお墓が遠方にあり、なかなかお参りにいけない場合、自分の家の近くのお寺、永代供養墓に移したいと考える人も多いのではないでしょうか。

この永代供養墓の改葬手続きには現在お墓があるお寺と、移転を検討しているお寺双方の許可が必要になります。


また、市区町村へ改葬の申請をして許可を貰わないと、お墓の移転は出来ません。



永代供養墓への改葬の流れは、まず移転したいお寺から「受入証明書」を発行して貰います。

次に先祖の入っているお墓がある市区町村から「改葬許可証明書」を貰った後は納骨をしているお寺から「埋葬証明書」の発行して貰います。
記入した改葬許可証、埋葬証明書、受入証明書を持参して、先祖のお墓のある市区町村に出向き、改葬許可証を発行して貰います。



そして、移転先のお寺に改葬許可証を渡し、許可を受けたら遺骨を渡して納骨という流れになります。

NAVERまとめの情報がてんこ盛りのサイトです。

また、遺骨の改葬をする際は身内や親族の方とトラブルになりやすいので事前の話し合いが非常に大切です。

また、お寺の住職さんの中には改葬に反対する方もおられますので、改装したい理由や経緯を明確に伝えましょう。

無事に改葬が受け入れられたら、今までのお墓から閉眼法要(御霊抜き)をして、墓石を返し、遺骨を受け取ります。

次に移転するお寺で開眼法要(御霊入れ)をしてもらうと、改葬が無事に終了となります。
また、改葬にかかる費用や各法要にかかる費用も全て自己負担になりますので、予め様々な情報を調べてお金を用意しておきましょう。