永代供養は祖先のつながりを大切にする

###Site Name###

永代供養は、祖先があるおかげで今の家族が幸せに暮らしているということを祖先に報告する儀式のようなものです。
その際、魂の存在を否定しない以上、永代供養をする意味があります。



結婚して夫婦は親子と違って血のつながりが薄いとされていますが、お互いの祖先がある以上は供養するのが務めとなります。

立派なお墓がなくても、祖先を供養する気持ちを持ち続けていれば、きっと気持ちが亡くなられた人にも伝わるものです。



毎年の決まった時期にお墓参りをして、家族のありがたさに感謝の気持ちを持ち、祖先に安心してもらえるような生活をしていくことが本当の供養になります。

OKWaveはとっても評判が良くて有名です。

物を上げるのではなくて、気持ちを表示して前向きに生きていくという姿勢を持つことが生きている人の務めであり、他人に迷惑をかけないということが大切です。
永代供養はお墓の管理だけでなく、家族という大きな問題につながるので、家族の関係がこじれるとうまくいかないことがあります。

そのために、親族が集まってみんなで解決していかなくてはならないことがあります。


形だけでなく、本心をさらけ出して、本当に永代供養したいという気持ちを持たないと、子孫に代々受け継がれていかなくなることがあります。財産でもめるとか、親子関係が悪化するとかという悲劇を起こさないようにしていくことは一人ひとりの心がけであり、楽しい人生にしていくための努力をしていくことが永代供養を長く安定させていくことにつながります。