散骨の需要の高まりについて

###Site Name###

少子化が進み、お墓を継いでもらえる人がいないケースが増えてきていることや、お墓に対する考え方の変化などにより、散骨に対する関心が高まってきています。

子どものいる夫婦でも、維持費がかかるお墓を残して、後々子供たちに負担をかけたくないと散骨を希望する人もみられます。こうしたニーズを踏まえて、散骨に対応する業者も増えてきています。

特に、最近注目を集めているのが、海洋葬です。


クルーズ船などを貸し切って、遺族が沖で遺骨を海にまく儀式を行うのが一般的です。

wikipedia情報はこのサイトにおまかせ下さい。

散骨の際のマナーとして、遺骨を粉末状にしておくことがあげられます。
業者によっては、遺骨を粉末化するサービスを行っているものもあります。



また、海洋葬の場合には、岸のすぐ近くで行うのではなく、沖に出て行うこと、漁場などを避けることもマナーとされています。
さらに、服装にも配慮することが多いようです、喪服を着用すると、周囲に分かってしまいますので、通常の服装で行うのが一般的のようです。
親族の都合がつかないときには、業者が代行で海洋葬を行うプランを設けている場合もあります。

また、故人の希望で、納骨するお墓と別に、思い出の地に散骨を希望する場合もあり、こうしたケースでは、分骨をして故人の想いをかなえることになるでしょう。



死後にどのような形で儀式を行ってほしいか、生前に家族としっかり話し合っておくことで、皆が納得できる形で儀式を行うことができると考えられます。