海に散骨して自然に還る海洋葬 

###Site Name###

お墓の継承者がいないことや、お墓の管理には手間とお金がかかることから、お墓にこだわらない埋葬方法を考える人が増えています。


その1つが、海洋葬です。



遺骨をパウダー状にしたものを、海に撒いて自然に還ろうという試みです。

宗教や信仰にこだわらずに誰もが利用できます。


人間も自然サイクルの一部分という考え方から、外国では用いられてきた方法が日本でも少しずつ広がっています。

読売新聞情報を利用してみませんか?

海洋葬は、周囲に迷惑をかけないように、マナーとして遺骨を細かく砕いてパウダー状にする必要があります。

自分で出来ない場合は業者が代行してくれますので、依頼するといいでしょう。



それと散骨は海岸沿いでするのもいけません。船やクルーザーをチャーターして、海岸から離れた、自治体が許可を出している場所で散骨しましょう。

船を個人でチャーターして散骨するのは大変ですから、海洋葬を行っている業者に頼むといいでしょう。


海洋葬を取り扱っている業者は増えており、個別散骨と合同散骨、委託散骨と様々なプランが用意されています。


個別散骨は、故人の遺族や友人だけが参加して行うために船を貸切にします。

合同散骨は、海洋葬を行う何組かと船に乗り合わせていきますので、日程調整は必要になりますが、個別散骨より費用が抑えられます。

委託散骨は、都合により遺族が散骨できない場合に利用すればいいでしょう。
業者によっては海洋散骨証明書や散骨した海などがうつった写真を送付してくれますし、一番費用が安くすみます。